Find A Luxury Apartment

どこに注意したらいい?注文住宅の間取りとは


注文住宅の間取りの決め方

注文住宅は、自分好みの理想的な間取りを作れるオーダーメイドの住宅です。自分のこだわりなどを存分に反映させることができ、使いやすさなどを追及することができますが、実際に作ってみたら不便だったということもよくあります。
不便な家にしないためにも、様々な注意点を知ってから間取りを決めることが大切です。
特によくある失敗が、収納スペースです。引っ越し前はどれぐらいの収納スペースが必要なのか理解できずに適当に収納を作るということがありますが、それを避けるためには今収納しているよく使うもの、時々使うものなどを考えてジャンル分けした上で収納を決めると作りやすくなります。
また、コンセントの場所も考慮して間取りを決めることが大切です。

周囲環境まで考慮した間取り

間取りを考える時には、家の中の動線や設備などだけではなく、家の周辺の環境にも注意して間取りを考えることがオススメです。
人通りが多い道路に面している場合には、外側の窓は小さめにして外から家の中を見えづらくして、中庭を作ることで採光を得るようにする、森林に囲まれているような家であれば逆にデッキなどを設けて、外を眺められるようにするなどが土地に合わせた工夫をすることでより快適な間取りとなります。
土地にあった形状の間取りを決めるということも大切です。土地の方角や道路の位置を把握しながら間取りは決めていきます。道路に面している部分に玄関を作ったり、陽が当たりやすい場所にバルコニーを作るなど土地の良さに合わせて家づくりすることが気持ちよく過ごすことにつながります。

愛知の注文住宅とは、建売住宅と違って、購入者が家の間取りを決めたり、材木などの材料を指定したり、好みの家を建てることができるものです。